記事一覧

生き方・要約③第2章

第2章 原理原則から考える 人生におけるさまざまな決断や判断を積み重ねた結果がいまの人生であり、これからどのような選択をしていくかが今後の人生を決めていく。その判断や選択の基準となる原理原則をもっているか、損をしてでも守るべき哲学、苦を承知で引き受けられる覚悟、それが自分の中にあるかどうか。それこそが本物の生き方ができるかどうか、成功の果実を得ることができるかどうかの分水嶺(ぶんすいれい)になる。 ...

続きを読む

生き方・要約②第1章

第1章 思いを実現させる こうありたいと願ったなら、あとはすさまじいばかりの強さでその思いを凝縮して、強烈な願望へと高め、成功のイメージが克明に目の前に「見える」ところまでもっていくことが大切になってくる。 そもそも、こうありたいと願うこと自体、それを現実にする力が潜在的に備わっている証拠である。人間は素質や能力がないことを、あまりしたいとは思わないものである。だから、自分が成功した姿を思い描...

続きを読む

生き方・要約①プロローグ

「生き方 人間として一番大切なこと」稲盛和夫プロローグ 今、混迷を極め、先行きの見えない「不安な時代」、そのような閉塞的な状況が社会を覆い尽くしているのは、多くの人が生きる意味や価値を見いだせず、人生の指針を見失ってしまっているからではないか。 人生の目的は、心を高めること、魂を磨くことにある。 人間として間違っていないか、根本の倫理や道徳に反していないか、人間としての根本の原理原則に立ち返り、そ...

続きを読む

生き方・要約

ついに要約が終わりました。指の調子が良くないことを言い訳に、練習そっちのけで、必死に要約しました。要約の要約もしました。この本、要約がとても難しい本でした。「思考が現実化する」「引き寄せの法則」等々いろいろ読みましたが、どれも要約するとなれば、どこを要約していいのか、文章に書いてあるのでわかりやすかったのです。しかし、この「生き方」、私が感動して涙した、その「涙」の訳が実は言葉にはなっていないので...

続きを読む

感謝の念はわきあがってくるもの-生き方3-

「伊勢神宮に行ったときに、感謝の念が自然にわいてきて、涙が止まらなかった」この経験は、人生でも1位2位を争うほど、劇的な経験だと思っている。しかし、それが、常日頃からできることかというと、それはさすがに難しいだろうと思っていた。しかし、なんと、この本を読んだ後に同じような気持ちが湧いてきたことに自分が一番驚いた。夫が、隣であきれていたようだ。ただただ、ありがたかったのだ。感謝をしながら生きようこれは...

続きを読む

人間は、矛盾している

悩んでいる頃、私は、自分の考えが説明のつくはっきりとした理屈であるか、あとは、損得どちらなのか、これが私の判断基準でした。考えたことがある人は、わかると思いますが、人間には感情というものが存在していて、理屈・損得だけでは片づけられないことが多々あり、そんな矛盾を抱えているのが人間なんだ、ということに気が付くまで、というか、「そんな自分を受け入れる」まで本当に時間がかかりました。そして、徐々に自分の...

続きを読む

人は、他人の一面しか見ていない

自分の事を一番わかっているのは、誰なのでしょう。とりあえず、自分でしょう。たとえ親友で、どんなことでも報告しあう仲でも、たとえ仲の良い夫婦で、意見がいつも一致するような仲でも、やっぱり、自分の事を一番わかっているのは、自分でしょう。でも、自分の知らない自分を、他人が知っていたりすることもあります。これに気が付いたときは、本当に驚きます。「客観視」は、訓練しないと、自分でするのは難しいです。しかし、...

続きを読む

悩んだら、本屋に行く。なんか物足りないときも、本屋に行く。

悩みが多いときは、解決方法がわからないものである。身近な人に聞くことも恥ずかしく、特に何に悩んでいるのかわからないときだってある。こうなったら、もう本屋に行くしかない。ネット検索で本が買える時代でもある。目次だって見られるのである。しかし、本屋に行くのである。実際に見て、たくさんある本群の中から目についた本は、縁のあるものである。ネットよりも1度にたくさん見られるし、「勘」みたいなものも、働くよう...

続きを読む

疲れたら、休む

悩んでいるときは、わからないが、疲れていることが多い。疲れているぞ、と気が付いたときは、もう手遅れで、風邪をひいてしまったりする。そういうことが、20代の頃は、本当に多かった。親にも、自分のコントロールができてないと、文句を言われたものだ。30代に近づいて、やっとわかってきたのだが、悩み始めたら、疲れている証拠なのだ。悩みが多く、心が沈みかけたときは、例外なく、すぐ休む、という約束を自分に課した。例外...

続きを読む

必要以上に悩みすぎない

自己分析をはじめて、悩むことが、とても多くなった。自分の事、他人との関わり、才能、努力、心構え・・・どんなに悩んでも結論が出ないものは放っておくこともしばしばだったが、気にしないようにしてても、やっぱり気になった。必要以上に悩むと、少しずつ身体に響くようになってくる、20代。時間も必要なことを、痛いほど思い知らされるのである。...

続きを読む

楽譜サイト

童謡楽譜わらべえYouTubeチャンネル

参考書籍

本番に強くなる! ~演奏者の必勝メンタルトレーニング~

新品価格
¥1,728から
(2016/6/17 10:35時点)

スロトレ

新品価格
¥1,188から
(2016/6/17 10:38時点)

羊と鋼の森

新品価格
¥1,620から
(2016/6/21 09:12時点)

検索フォーム

インデックス

プロフィール

西岡裕美子(にしおかゆみこ)

Author:西岡裕美子(にしおかゆみこ)
札幌市で「石山東音楽教室」を開いております。
中学生には勉強も教えています。
ピアノ演奏・コンサート出演にも積極的に取り組んで、研鑽の日々です。
「童謡楽譜わらべえ」童謡・お子様向けピアノアレンジ楽譜専門サイトでの編曲や、「ピアノ・ストーリア」での作曲も行っております。
ピアノが好きな私の熱い想いを感じて、ピアノをみんなで弾きましょう!!

アクセスカウンター

いつもご覧いただきありがとうございます!

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
2193位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ピアノ
97位
アクセスランキングを見る>>

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

音楽関連