記事一覧

生き方・要約⑤第4章



4章 利他の心で生きる



 家族のために働く、友人を助ける、親孝行をする・・・そうしたつつましく、ささやかな利他行が、やがて社会のため、国のため、世界のためといった大きな規模の利他へと地続きになっていく。



 自分よりも先に他人によかれと考える。ときに自らを犠牲にしても人のために尽くす。そのような思いやりの心が大切。人にもよかれという「大欲」をもって公益を図ること。その利他の精神がめぐりめぐって自分にも利をもたらし、またその利を大きく広げもする。



 思いやりや利他の心が忘れさられてしまえば、残るのはおのれの欲望だけである。そのような利己的欲望を容認し、放任してきた結果が、昨今の世相に表れている。



 なぜ、私たちはそれほど根源的な道徳規範を失ってしまったのか。それは、大人が子どもにそれを教えてこなかったから。今生きている多くの日本人は道徳について何も教えられていない。



人間として備えるべき当たり前の道徳、社会生活を営むうえでの最低限必要なルールを身につけることを、私たちはひどくおろそかにしてきた。まだ心身ともに成長過程にある少年期にこそ、「人間としてどう生きるべきか」を学び、じっくりと考える機会を与えることが必要。



 これまでのような経済成長の中に国のアイデンティティを見いだしていくやり方では、再びこれまでの40年ごとの盛衰サイクルをいたずらにくり返すばかりで、敗戦に匹敵する『次の大きなどん底』に向けて下降線を描いていく、その速度に歯止めをかけることはむずかしくなるはずである。



 では、新しい哲学を何に求めたらいいのか。「足るを知る」ということであろう。また、その知足の心がもたらす、感謝と謙虚さをベースにした、他人を思いやる利他の行いであろう。



 人間の叡智により新しいものが次々に生まれ、健全な新陳代謝が間断なく行われる、活力と創造性に満ちた生き方。そのようなあり方が実現できたとき、私たちは成長から成熟へ、競争から共生へという、現在はやや画餅(がべい)に近いスローガンを現実のものにし、調和への道を歩き出すことができる。



関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

楽譜サイト

童謡楽譜わらべえYouTubeチャンネル

参考書籍

本番に強くなる! ~演奏者の必勝メンタルトレーニング~

新品価格
¥1,728から
(2016/6/17 10:35時点)

スロトレ

新品価格
¥1,188から
(2016/6/17 10:38時点)

羊と鋼の森

新品価格
¥1,620から
(2016/6/21 09:12時点)

検索フォーム

インデックス

プロフィール

西岡裕美子(にしおかゆみこ)

Author:西岡裕美子(にしおかゆみこ)
札幌市で「石山東音楽教室」を開いております。
中学生には勉強も教えています。
ピアノ演奏・コンサート出演にも積極的に取り組んで、研鑽の日々です。
「童謡楽譜わらべえ」童謡・お子様向けピアノアレンジ楽譜専門サイトでの編曲や、「ピアノ・ストーリア」での作曲も行っております。
ピアノが好きな私の熱い想いを感じて、ピアノをみんなで弾きましょう!!

アクセスカウンター

いつもご覧いただきありがとうございます!

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
1189位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ピアノ
67位
アクセスランキングを見る>>

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

音楽関連