記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピアノなどの発表会で緊張しないようにするためには?5つのポイント

IMG_4256edited.jpg



ありふれたテーマではありますが、ステージで演奏する人にとっては、永遠の課題でもあります。

改めて、5つのポイントに絞って、挙げてみたいと思います。



0c5ff21ff7d4174a8e04f5e60e06815c_s_convert_20160629164646.jpg




①納得するまでの練習

やはりこれに勝るものはないように思います。

どんなに期間が短くても、その中で精一杯練習に尽くすことです。

体力、精神力、集中力、できることは全て、やってみることです。



9ab434d580723a58c40852275cec9f3b_s_convert_20160629164744.jpg



②発表会前により緊張感を味わえる場を用意しておく

本当の本番前に一度、いや一度と言わず、何度でも、人に聴かれる場面を作るのです。

意外なところで間違ってしまったり、普段は覚えているところを忘れてしまったりするでしょう。

それ自体は悪いことではありません。

もちろん、何事も起きなければ、問題ありません。

「まだ実はしっかりと身体に染み込んでいなかったところがどこか」をあぶり出すことができる、ということが、この場の目的です。

「弾き合い会」と私は読んでいます。

リハーサルと呼ぶ人もいるでしょう。

リハーサルは、とっても大切です。

録音や録画をすると、なお緊張感が出て、有意義なリハーサルとなるでしょう。



97ca2a6aa1c8428c57dc8f7f4ad29f4c_s_convert_20160620104125.jpg




③当日のシミュレーションを行う(同じような動きをしてみる、衣装を着てみる)

ステージでする動きを同じにしてやってみます。

できれば②の「弾き合い会」または「リハーサル」でそれをやることができれば越したことはございません。

衣装も靴もアクセサリーも着用して、髪の毛もセットする予定ならば簡単にまとめます。

ピアノまでの動線もできる限りステージに近い形を考えて、歩き始めるところからやるのです。

もちろん挨拶もします!

衣装を着た時の違和感、上手な歩き方のチェックにもなります。



9a9a060363daf34c6e6bf7dd3b7af76b_s_convert_20160629164717.jpg




④何度も経験する

定期的にステージに上がって演奏する機会を設ければ設けるほど、またその年齢が早ければ早いほど、本番に慣れるでしょう。

どんなに緊張感する人でも、何度も経験すれば、さすがに慣れてきます。

ステージに上がる機会がない!

という方がいらっしゃいましたら、周りの人に相談して、時間を空けてもらいましょう。

数人集めたら、どこかのスタジオや少し広いところを借りて(もちろん会場費は払って)聴いてもらいましょう。

そこまでしなくても、ご自宅で、「これから発表会を行います。今日のピアニストは○○○○さんです!では、お願いします!」パチパチ(拍手)

と、ご家族に言っていただいてお辞儀をして弾くだけでもいいですよね。

周りの人に楽しんでもらうための演奏ですから、まずは家族から。

こんなほんの少しの工夫から緊張しても弾けるような精神力が育つんだと思います。



7030f514d3e06185c2b9a9412f70140a_s.jpg




緊張しない人なんていない

緊張は、身体の自然な現象です。

だから、いざという時に限って、避けることはできないんです。

だから、「緊張しない人なんていない」「緊張は誰でもする」「緊張するのは当たり前」と自分を説得するのです。

ドキドキして止まらなくて、それがキッカケで混乱、頭が真っ白…よくある話ですよね。

でも別に運動しているわけじゃない。

なんかのキッカケで、すぐに治るのが本番の緊張というやつです。

練習の時に、実際にドキドキするまで運動してから、すぐ弾いてみてください。

ゼェゼェするくらいまで運動しなければ、ピアノの前について弾き始めてややもすれば、案外収まっているんです。

これは、「本番に強くなる」の中から学んだことです。


本番に強くなる! ~演奏者の必勝メンタルトレーニング~

新品価格
¥1,728から
(2016/6/29 17:09時点)





実際に本番で使えました。

驚きました。

ドキドキしているのに、落ち着いて演奏できたのですから。

別に運動してきたわけじゃないんです。

全力で走って、ピアノの前にきたわけじゃないんです。

優雅にゆったりと歩いてピアノの前に着いたのですから。笑

思い込みとは、本当に恐ろしいものです。

運動すること、スポーツをすることの大切さを実感した瞬間でした。



9645731c11c1b8950ec7fad0e002c744_s_convert_20160629164825.jpg



いかがでしたか?

本当にありふれたテーマです。

でも乗り越えて欲しいです。

その先にきっと何かがあるはずなんです。

生きている間にその先が見られるかどうか、せっかくいただいた命ですから、キッカケがあるならチャレンジしてみたいですよね!!




--------------------------------------------
石山東音楽教室
http://ishiyamahigashi-music.cloud-line.com/

童謡楽譜わらべえ
http://warabe2015.wpblog.jp/

--------------------------------------------


最後までお読みいただきありがとうございました。
よろしければ
↓クリックお願いします♪




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

楽譜サイト

童謡楽譜わらべえYouTubeチャンネル

参考書籍

本番に強くなる! ~演奏者の必勝メンタルトレーニング~

新品価格
¥1,728から
(2016/6/17 10:35時点)

スロトレ

新品価格
¥1,188から
(2016/6/17 10:38時点)

羊と鋼の森

新品価格
¥1,620から
(2016/6/21 09:12時点)

検索フォーム

インデックス

プロフィール

西岡裕美子(にしおかゆみこ)

Author:西岡裕美子(にしおかゆみこ)
札幌市で「石山東音楽教室」を開いております。
中学生には勉強も教えています。
ピアノ演奏・コンサート出演にも積極的に取り組んで、研鑽の日々です。
「童謡楽譜わらべえ」童謡・お子様向けピアノアレンジ楽譜専門サイトでの編曲や、「ピアノ・ストーリア」での作曲も行っております。
ピアノが好きな私の熱い想いを感じて、ピアノをみんなで弾きましょう!!

アクセスカウンター

いつもご覧いただきありがとうございます!

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
2839位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ピアノ
173位
アクセスランキングを見る>>

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

音楽関連

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。