記事一覧

3.姿勢





「ピアノを弾く姿勢そのものが体幹トレーニングになる」



ピアノの椅子には、背もたれ付きの椅子や、背もたれのない椅子があります。しかし、ピアノを弾くときは、背もたれの有無に関わらず、よしかかることなく座ることになります。自由自在に手を動かすには、常に自分の力で座り続ける必要があるからです。前後左右に体の位置を微妙に調整し、左右の手を、場合によっては左右の足をコントロールするのです。

普通、「椅子に座る」時というのは、背もたれにある程度体重をかけて座ります。だから腹筋が、背筋が、体幹が、強くなるなんて夢のような話だし、そんなトレーニングをしたいなら、トレーニングマシーンに座らなければいけません。でも、ピアノの場合は、腹筋も背筋も使って、休憩をとりながらだったとしても、1日に何時間も座り続けることになり、身体のバランスが常に変わる中でバランスをとりながら微妙に動き続けます。すると、体幹も自然としっかりしてくるようです。実際に、筋トレはほとんどしていない私でも、体幹がしっかりしているかチェックすると、まったく問題ありません。

そして身体の軸がしっかりすると、いい音を出せるようになります。ここは重要なポイントです。

願い3

ピアノを弾くときは、うまく弾くことに意識が行っているため、腹筋や背筋や体幹の事など、頭の片隅にもありません。ただ、いい音で上手に弾き続けられるような姿勢を気にするのみです。楽しく体幹を作りたかったら、ピアノを弾けばいいだけなのです。何てステキなことなのでしょうか。

そもそも、ピアノを弾き続けること自体が大変ですが、ピアノを弾くことが好きなのですから、筋トレをやるよりはずっと楽ですね。もちろん、筋トレをやるともっと効果的だと思いますよ。

 ピアノを練習しにきた生徒が、2時間の練習の後に一言。
「足が痛い・・・」
足にも筋肉が付くのですね。明日は筋肉痛ですね。


ピアノで体幹を鍛えてみたい・・・と思った方は
↓クリックお願いします♪




--------------------------------------------

石山東音楽教室

http://ishiyamahigashi-music.cloud-line.com/

--------------------------------------------




関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

楽譜サイト

童謡楽譜わらべえYouTubeチャンネル

参考書籍

本番に強くなる! ~演奏者の必勝メンタルトレーニング~

新品価格
¥1,728から
(2016/6/17 10:35時点)

スロトレ

新品価格
¥1,188から
(2016/6/17 10:38時点)

羊と鋼の森

新品価格
¥1,620から
(2016/6/21 09:12時点)

検索フォーム

インデックス

プロフィール

西岡裕美子(にしおかゆみこ)

Author:西岡裕美子(にしおかゆみこ)
札幌市で「石山東音楽教室」を開いております。
中学生には勉強も教えています。
ピアノ演奏・コンサート出演にも積極的に取り組んで、研鑽の日々です。
「童謡楽譜わらべえ」童謡・お子様向けピアノアレンジ楽譜専門サイトでの編曲や、「ピアノ・ストーリア」での作曲も行っております。
ピアノが好きな私の熱い想いを感じて、ピアノをみんなで弾きましょう!!

アクセスカウンター

いつもご覧いただきありがとうございます!

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
1189位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ピアノ
67位
アクセスランキングを見る>>

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

音楽関連