記事一覧

44.頭いっぱい





44.頭いっぱい
「弾こうとする音で頭をいっぱいにして=弾こうとする音を愛するほど大切に思って」

自分はこれ以上広がることができないですが、自分の出した音に関しては、空気を伝わって四方八方へと広がっていくことができます。頭の中にある音が、前後左右に、斜めにも、自分の周りの空気いっぱいに音があるって、本当に感動的で、美しいです。

願い44


イタリアのフィレンツェに行った時、3/20ちょうど感謝祭のイベントをやっていて、町中の鐘の音が鳴り響く中、泣きながら佇んだ記憶があります。その感動は、あまりにも偉大なものに対する何か怖れのような、それでいて包み込んでくれる優しさのような、心に突き刺さるような出来事でした。

ピアノの音色も同じようなものであると思います。だから、まずは頭の中を音で一杯にして、それを鳴らすと周りに広がって包まれていく「音クッション」を聴く。中々言葉だと伝わらないと思いますが、音に喜びを感じる、ということが基本かと思います。

大切に思いたくなるほど、ピアノの音が好きになれば、その音を聴くためにピアノを弾くことになるから、上手にならないわけがないのです。

--------------------------------------------

石山東音楽教室

http://ishiyamahigashi-music.cloud-line.com/


--------------------------------------------





関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

音楽教室ホームページ

ロゴと教室名

楽譜販売ホームページ

童謡楽譜わらべえYouTubeチャンネル

検索フォーム

インデックス

アクセスカウンター

いつもご覧いただきありがとうございます!

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
1727位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ピアノ
109位
アクセスランキングを見る>>

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR