記事一覧

//61// 感動の出会い・・・「生き方 人間として一番大切なこと」を読んで





//61// 感動の出会い・・・「生き方 人間として一番大切なこと」を読んで


「私は何に向かってがんばっているのか?」


心を静める (幻冬舎文庫)



 この本との出会いは、友人の紹介を受け、本屋で手に取った。・・・なんて簡単に説明できるものではなかった。

 この本を友人の紹介で知った時、何か強い勘みたいなものが働いた。その強い勘は、正しかった。

 ここ10数年、心理学、自己啓発、成功哲学に興味をもって、さまざまな本との出会いをいただいた。私が探していたのは、この本だったのだ!と思えるような本にも出会った。ちなみにそれは「思考は現実化する」。他にもいい本との巡り合いの中で成長できた。

 先ほどの強い勘は、買おうと思って近くの本屋に行っても、在庫がなかったのに、そのままあきらめないでわざわざ別の本屋に行って、新品で買うまでに私の行動を駆り立てた。中古でもあるというのに、だ。

 読み始めて、気がついたら半分過ぎていた。もったいない、という気持ちになった。ティラミスを上のほうだけ食べている感じ。それでも、そのまま読み進めて、一気に最後まで読んだ。とくに最終章は、心に染み入った感じがして、読み終わった時に、涙があふれて止まらなかった。

008


 わけが分からず涙が止まらない、という経験は、これで2度目だ。1度目は、伊勢神宮にお参りしたときだった。読み終えてから、泣きながら、その時の感情と重なっている自分に、本当に驚いた。感謝の念があふれて止まらないとき、その感情は行き場を失って涙となって流れていく。こんな経験が、人生で2度も味わえるなんて思わなかった。とてもうれしかったし、ありがたいとも思った。

心を静める (幻冬舎文庫)



 じゃあ、なんでこの本を読んで感謝の念があふれだしたのか。それは、私の心の中で、ずっと求めていた、心のよりどころが、言葉になっていたからだと思う。それを解釈するまでに、ややかかった。実際に、本は、2度読み---私はいままで本を2度読みしたことがない----して、さらに要約して、それを要約し短くまとめる、ということまでやってしまった。日々の生活の中に、この本の考え方が必要だと思った場面が、ここ数日の中で、何度も起こったから、必要に駆られて、勝手に責務だと思って、というのもある。

 この本のキーワードは「思いやり」「利他の心」「足るを知る」だろう。その心をもち続けるために、必要な考え方が、「運命」と「因果応報の法則」であり、この2つは宇宙の意志に基づいている。「私たち人類は、宇宙や生命をつくり出した偉大な存在から生命力を拝借し、使用しているにすぎない」とあるとおり、私は、宇宙の意志の下、この世に生まれ、その人生を全うするように仕向けられている。「存在としかいいようのないもの」としての私は、人間の「私」を演じている。宇宙や生命をつくり出した想像主によって、生かされている、と思ったとき、次のような念が湧いてきた。

 「一生懸命働くこと、感謝の念を忘れないこと、善き思い、正しい行いに努めること、素直な反省心でいつも自分を律すること、日々の暮らしの中で心を磨き、人格を高めつづけること」、つまり、私が日々悩み、そして喜び、一生懸命生きていこうという思いは、実は私の中から生まれているのではない。宇宙や生命をつくり出した偉大な存在から「すべての存在を『生かそう』とする宇宙の愛と力」が私に吹きこまれていて、私は、宇宙の一部として生命エネルギーを「拝借」させていただいているのである。その宇宙は、実は「真我」として私の心の中心にあり、それが宇宙と一体であることによって、私は導かれてきたのだ。

 結局、わたしは、業を取り払い、真我に近づくために悩み苦しんできた、ということになる。より良い方向へと向かうようにと、私一人で孤独に悩んできたように思っていたのだが、実は、宇宙の偉大なる力が、全面的にバックアップしてくれていたに違いないことがわかったのだ。人は皆孤独だが、一人一人漏らすことなく宇宙のバックアップを受けている。一人一人が内部に宇宙を共有している。だから、そのことにさえ気がつけば、大いなる愛をもって生きていけるはずだ。それはつまり、「思いやり」「足るを知る」「利他の心」をもつことを意味する。

 今現在も相変わらず私は、良い方向へ向かおうとする偉大な力の中にいる。良い心で「こうしたい」と絶えず思い続けることにより、宇宙の偉大な力がバックアップして、どうしたらいいのかという問いに対する答えを用意して、道筋を示してくれる。そう信じて進んでいくことができる。

 わたしは、日々感謝する時間を定期的に設けて、心をきれいにして暮らしていきたい。それが幸せにつながると思うから。

心を静める (幻冬舎文庫)




そんなにいい本なら読んでみるか・・・と思った方は
↓クリックお願いします♪





--------------------------------------------

石山東音楽教室

http://ishiyamahigashi-music.cloud-line.com/

--------------------------------------------





関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

楽譜サイト

童謡楽譜わらべえYouTubeチャンネル

参考書籍

本番に強くなる! ~演奏者の必勝メンタルトレーニング~

新品価格
¥1,728から
(2016/6/17 10:35時点)

スロトレ

新品価格
¥1,188から
(2016/6/17 10:38時点)

羊と鋼の森

新品価格
¥1,620から
(2016/6/21 09:12時点)

検索フォーム

インデックス

プロフィール

西岡裕美子(にしおかゆみこ)

Author:西岡裕美子(にしおかゆみこ)
札幌市で「石山東音楽教室」を開いております。
中学生には勉強も教えています。
ピアノ演奏・コンサート出演にも積極的に取り組んで、研鑽の日々です。
「童謡楽譜わらべえ」童謡・お子様向けピアノアレンジ楽譜専門サイトでの編曲や、「ピアノ・ストーリア」での作曲も行っております。
ピアノが好きな私の熱い想いを感じて、ピアノをみんなで弾きましょう!!

アクセスカウンター

いつもご覧いただきありがとうございます!

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
2281位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ピアノ
135位
アクセスランキングを見る>>

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

音楽関連